お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

石川・富山・福井ではたらくなら、ココカラはじめよう!

お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

転職ノウハウ

石川県、福井県、富山県の転職を成功に導くための転職ノウハウをお届けします。
北陸の転職事情などはもちろん、転職活動をする際に、まず何をすればいいのか、
転職活動はどのくらいの期間がかかるのか、注意すべき点は何かなど、転職のノウハウをご紹介します。
北陸の転職は、「ココカラ。転職」にお任せ下さい!

石川県 正社員の求人情報

更新日:2018年02月17日

石川県 正社員の求人情報

石川県は北陸新幹線が開通してから、首都圏からのアクセスも飛躍的に向上したことから、金沢市、小松市、白山市などを中心に新規事業が大きな進化を続けています。

もともと石川県の県民所得は高く、一人当たり県民所得も全国平均を上回るなど、経済的にも豊かなエリアです。

求人情報では、とくに小売業やサービス業、製造業、建設業、電気・ガス業・鉱業の求人情報が増えています。

ここでは、石川県の特色、求人情報の傾向についてご紹介します。

石川県の産業

石川県は、日本海側最大級のビジネス中心地です。
県内に多くの政府機関や大企業の支店もありますし、金沢では展示会や学会などの大規模なイベントも多数開催されています。

石川県は、もともと国道や高速道路に加え、空港、北陸新幹線などの充実した交通網に加え、バランスのとれた産業構造、独自性の高い伝統文化など、ビジネス資源に恵まれています。
そして四季折々に多彩な表情を見せる自然を活かした、マリンスポーツやウインタースポーツなどレジャーも盛んです。
心身をリフレッシュさせてくれる温泉も豊富にあり、幸福度ランキングでは、47都道府県中で5位にランクインしています(東洋経済新報社 全47都道府県幸福度ランキング2016年版)。

石川のIT・情報サービス産業

近年のIT化の急速な進展のなか、石川県でもハードウェアの製造やソフトウェアの開発、コンテンツ制作などが著しい成長・発展を遂げています。
人口当たりのIT・情報サービ業の集積度合ランキングでは、事業者数は全国で6位、従業員数は全国で6位、売上高は全国で5位となっています(平成26年度サービス産業実態調査(経済産業省)。

石川の機械・繊維・食品工業

石川の工業の基礎となっているのは、何といっても機械金属・繊維そして食品です。
なかでも、繊維工業、生産用機械、窯業・土石製品製造業が集積しています。また、製造品出荷額についても全国平均と比較して、繊維産業、機械産業の占める割合が高く、繊維産業、機械産業が盛んな県です。

製造品出荷額においては、繊維産業の割合が低下し、機械産業の割合が増加する傾向が続いており、それに伴って機械産業への依存度は益々上昇しています。

食品産業は新鮮な食材や豊かな食文化を背景として、高品質な製品を全国へ送り出しています。

なお、機械、繊維、食品、ITの本県の基幹4業種においては、業界企業の関心が高い新たな分野についての参入を促進するため、自治体が専門家を招致した研究会活動を実施するなど、業界団体の取り組みを積極的に支援しています。

【石川県のシェアトップ製品の例】
・回転寿司のベルトコンベア
・日本酒のラベル
・パーテーション(間仕切り)
・オートバイチェーン
など

石川県企業の求人数・給与など

平成29年4月の労働局のデータによると、石川県の新規求人数は前年同月比と比較して5%近く増加しています。

求人倍率で見ると、求人倍率の増加率で好調なのは卸売業、小売業、建設業、サービス業、製造業です。

求人数で見ても求人数トップの業種は製造業、卸売業となっています。次いで、小売業、医療・福祉業……と続きます。

求人数の多い業種を順に並べると、以下のとおりとなります。

* 製造業
* 卸売業小売業
* 医療・福祉業
* 宿泊・飲食サービス業
* 建設業
* 運輸・郵便業
* 教育・学習支援業
* 生活関連サービス・娯楽業
* 金融業・保険業
* 情報通信業
* 学術研究・技術サービス業
* サービス業
* 不動産業・物品賃貸業
* 電気・ガス

以前から有効求人倍率の高さは全国トップクラスの石川県ですが、北陸新幹線開通により高い経済効果が期待され、さまざまなニーズが顕在化していると考えられます。

最近の雇用失業情勢

石川県の求人の産業別給与額

もともと石川県の県民所得は高く、1人当たり県民所得も全国平均を上回るなど、経済的にも豊かなエリアです。

石川県の産業別現金給与額は全国平均よりも高くなっており、情報通信業、医療・福祉業、教育・学習支援業、金融・保険業、情報通信業などは年々増加傾向にあります。

現金給与総額を産業別にみると、電気・ガス・水道業が最も高く、次いで、情報通信業、金融・保険業、教育・学習支援業、複合サービス事業、建設業、医療・福祉、製造業の順に高い結果となっています。

産業別現金給与(5人以上の事業所)

産業別現金給与(30人以上の事業所)

石川県の求人情報一覧

 

石川県の県民所得

石川県の県民所得については平均額が平成26年に一度減少したものの、その後は回復して、以降年々増加しております。
 県民所得ランキングで見ると石川県は、15位~20位である場合が多く、全国レベルで見ても石川県の県民所得が全国平均からみても、高いレベルを維持していることが分かります。

石川県の県民所得

石川県の求人情報一覧

石川県の魅力まとめ

石川県は温泉天国で、人口一人あたりのホテル・旅館数はなんと全国2位。
石川県で働く人たちも、休日には温泉でのんびりリフレッシュするなど、オンオフを楽しんでいる人が多くみられます。

また他県の人からみると、石川県民は、温厚で粘り強く思いやりのある人が多いという印象を受ける人が多いようです。

加賀料理で代表される石川県は海面漁業・養殖業が盛んですし、加賀野菜(金時草、加賀太きゅうり、加賀れんこん、源助だいこん、打木赤皮甘栗かぼちゃなど)を使った料理は、観光客だけでなく、地元からも大好評。

石川県の求人数の増加や、転職希望者が増加している原因は、石川県が消費者ニーズを的確に捉えたモノづくりを積極的に推進し、さまざまな支援策を行っている以外にも、このような温厚な県民性、豊かな食文化という魅力に惹かれる人が多いからなのかもしれません。