お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

石川・富山・福井・新潟で転職するなら、ココカラはじめよう!

お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

転職ノウハウ

石川・富山・福井・新潟での転職を成功に導くための転職ノウハウをお届けします。
北陸・新潟の転職事情などはもちろん、転職活動をする際に、まず何をすればいいのか、
転職活動はどのくらいの期間がかかるのか、注意すべき点は何かなど、転職のノウハウをご紹介します。
石川・富山・福井・新潟の転職は、「ココカラ。転職」にお任せ下さい!

転職活動の自己分析・ネガティブチェック

更新日:2020年6月2日

転職活動の自己分析・ネガティブチェック

転職・再就職活動をする場合には、自己分析が不可欠です。
ただやみくもに求人情報を見て転職活動を始めるのではなく、まず「自分は何をしたいのか」「自分は何をしたくないのか」という点を考える時間を持ちましょう。
ここでは、履歴書・職務経歴書を作成する前に行っておきたい自己分析・ネガティブチェックについてご紹介します。

自分は何を達成したいのかを明確にする

転職活動では、選考で採用されるための履歴書・職務経歴書を作成したり、面接でしっかりと自分の意見を言えるようにする必要があります。そのためには、まず「自分は何を達成したいのか」「どんな仕事をどのように進めていきたいか」など、今回の転職について、しっかりと考えることが大切です。
自分の直面する「転機」を「新しい可能性に出会えるチャンス」と積極的にとらえるプラス思考こそが、転職・再就職を成功させる鍵になります。

「自分は何を達成するために、今、転職活動をしているのか」を明確にすると、面接でもスムーズに自分の意思を伝えることができますし、履歴書・職務経歴書の作成もスムーズになるでしょう。

「これまでの経験や知識をいかに的確に伝え、自分の価値を理解してもらうか」という点に力を注いだり、自分のこだわりやアピールポイントも再認識できるはずです。

転職を思い立った理由を明確にする

あなたが今回転職したいと思い立った理由は何でしょうか。
「もっとよい環境で働きたい」「やりがいのある仕事をしたい」「リストラや倒産が原因」など、人それぞれで理由はさまざまでしょう。

転職・再就職する際にはまず「今回転職したいと思い立った理由」をしっかり考えてみることが大切です。
そして、「志望する企業で生き生きと仕事ができそうか」についても具体的にイメージしましょう。

自分の今の状態を把握する(自己分析)

転職を思い立った理由をはっきりさせたら、次に今の仕事や会社に対する不満を整理して、自分の状態を把握します。

「給料の額に納得できない」
「人間関係につかれた」
「残業が多すぎる」
「業務の内容がつまらない」

など、今の仕事へ不満がある場合は、それらを全て書き出すなどして明確にしましょう。不満を整理しておくと、その不満を繰り返さないための転職、という視点を意識するようになります。ただし、いつまでも不満だけにとらわれてしまうと、転職の目的が単なる不満解消のためだけになりかねません。不満を整理したらその不満を客観的に見つめて自分の適性を把握しましょう。
自分の適性を把握すると、「転職活動を成功させて、今の状況を変えよう」「転職活動をチャンスと考えよう」とポジティブに考えることができるはずです。

ネガティブチェックを行う

適職を考える時、ほとんどの人が「何が好きか」「何をしたいのか」を基本に考えます。
しかし、職業上の適性を考える時は「その職業に従事することによって生じる苦痛に自分は耐えられるか」という側面からも考えていくべきです。

たとえ、自分が憧れていた職業や希望通りの職業であっても、「仕事」である限り、必ず何らかの苦痛、ストレスは存在します。
その苦痛、ストレスがあまりに強く、自分が耐えられないレベルだと、次の仕事も長続きしません。

ですから、転職・再就職をする前には、自分が耐えられる苦痛やストレスを知っておくためのネガティブチェックをするのがおすすめです。

例えば、事務の仕事は場合によっては単調な仕事が続きます。また、他部署とのやり取りが多くなるので、他者の都合に自分を合わせる努力が必要となります。

販売の仕事は、立ち仕事の場合が多く、またクライアントから拒絶されたりクレームを受けたりする可能性や、ノルマがある場合も。

企画の仕事は、常に新しいアイデアを出す必要や締め切りなどのプレッシャーがあるでしょう。

このように、その仕事に従事することで生じる苦痛・ストレスをイメージして「自分が耐えられるか」を知ることは、適職を考えたり応募企業を決めるうえで役に立ちます。

3年後、5年後、10年後にどうなっていたいのかを明確にする

今の会社や仕事への不満を整理し、適職を知り、気持ちをポジティブにしたら、つぎは3年後、5年後、自分がどのようになっていたいかというビジョンを考えましょう。どのような場所で、どのような形で、どのような仕事をしていたいか……をイメージするのです。

「人事のエキスパートになっていたい」
「管理職として経営部門で働いていたい」
など具体的なビジョンを明確にしておくと、どのような力や資格を身につけた方が良いかも分かり、モチベーションアップにもつながりますし、転職先も決まってきます。

たとえば「実務経験はないが資格を取得したので、3年後には経理のエキスパートになっていたい」というビジョンがあるとします。その場合、まず派遣などで経理の経験を積むか、未経験者でも可という小規模な会社に入社してそこで実務経験を積んで、その次の転職で大手企業の会社に転職する……という方法もあるでしょう。

転職の先に、独立や起業を見据えている人も同じです。
どのような職種・形態で、どこで起業するのかをイメージしておきましょう。「5年後にはグッズ販売の会社を設立し経営したい」とうビジョンを持っている場合には、経営状態を判断する力をつけるために、経営管理部門で働くという選択肢もあります。この時あえて規模の小さな会社を選んで、経営管理部門以外の仕事もできそうな企業に転職する……という方法もあります。

このように転職・再就職をする前に、自己分析やネガティブチェックを行ったり、ビジョンを明確にすることは、採用される履歴書・職務経歴書の作成や、転職活動の成功につながるだけではありません。あなた自身の人生を生き生きと輝かせるためにも、大切な作業なのです。


以上、履歴書・職務経歴書を作成する前に行っておきたい自己分析、ネガティブチェックについてご紹介しました。
自己分析は転職を成功させるために大変重要な作業です。
自分のことが分からなければ、自分のアピールポイントを知ることも出来ないので「会ってみたい」と思わせるような履歴書・職務経歴書は作成できませんし、面接にも受かりません。

ココカラ。転職では、経験豊富なキャリアアドバイザーがアピールポイントを一緒に考え、転職に失敗しない企業選びをサポートします。
ご自身のアピールポイント、弱み、強みを知り、そのうえで企業を選ぶことができれば、志望動機で迷うことなく、履歴書・職務経歴書の作成もスムーズになり、面接でも堂々と答えられるようになるはずです。
転職・再就職のさまざまなお悩み、不安にも丁寧に回答します。まずはお気軽にお問合せください。

関連コンテンツ

押さえておきたい転職の基礎知識 【石川・富山・福井・新潟】

転職を成功させるための転職ノウハウ 【石川・富山・福井・新潟】