お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

石川・富山・福井・新潟で転職するなら、ココカラはじめよう!

お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

転職ノウハウ

石川・富山・福井・新潟での転職を成功に導くための転職ノウハウをお届けします。
北陸・新潟の転職事情などはもちろん、転職活動をする際に、まず何をすればいいのか、
転職活動はどのくらいの期間がかかるのか、注意すべき点は何かなど、転職のノウハウをご紹介します。
石川・富山・福井・新潟の転職は、「ココカラ。転職」にお任せ下さい!

アルバイト、フリーターの職務経歴書の作成方法

更新日:2019年09月12日

アルバイト、フリーターの職務経歴書

アルバイト、フリーター経験しかない人の職務経歴書では、アルバイト、フリーターだった期間に、何らかの夢や目標にチャレンジしていたことがあるなどのアピールポイントがあるとよいでしょう。
また、アルバイト期間が長ければ、その期間の長さがアピールになる場合もあります。
ここでは、アルバイト、フリーターが採用される履歴書・職務経歴書の作成方法についてご紹介します。

フリーターの職務経歴書の書き方

アルバイト経験しかない人、つまりフリーター経験しかない人を採用する場合は、採用担当者はまず「どこまで本気で正社員になろうとしているのか」を考えます。
「アルバイトの場合と同じように、気に入らないことがあればすぐにやめてしまうのではないか」と思われないよう、職務経歴書でしっかりと意思の強さをアピールすることが必要です。

フリーターだったことへの理由づけ

たとえ新卒で就職が決まらなかったために、やむをえずフリーターになったとしても、それをそのまま正直に記入しては、採用されるのはどうしても難しくなってしまいます。
ですから、フリーターだったことの理由を「目指していることがあった」「何らかの夢にチャレンジしていた」などと書くのがよいでしょう。

自己PRで「本気度」をアピール

一般にフリーター経験しかない人に対して、採用担当者は「本気で正社員になろうとしているのか」という点を不安に思うものです。ですから職務経歴書には、アルバイトといえども、いかに自分がその仕事に真剣に取り組み、経験を積んできたかという点をアピールしましょう。そして、応募先企業ではその経験を生かして正社員になりたいのだという、いわば「本気度」を出すことが大切です。

例:正社員と同様、ノルマがあった
ノルマの目標があったなど、正社員並みの仕事経験を持つ人もいるでしょう。その場合は、その経験をぜひ書くようにします。

例:売上アップや業務の効率化をはかった
売上アップのために努力したことや、業務の効率化アップにつながる工夫をした場合は、その労力をアピールしてください。チーフになった、リーダーになったなど、昇進があった場合も、しっかり記載しましょう。

例:ビジネスマナー
フリーターの場合は、基本的なビジネスマナーを身につけているかも心配されます。接客・応対などの経験があれば、それを通じて、社会人として基本的なビジネスマナーは身につけているという点を、しっかりアピールしましょう。

経験欄で「職務遂行能力」をアピール

フリーター経験しかない場合、実務能力、職務遂行能力を不安視されることがあります。ですから、職務経歴書では、採用担当者のそのような懸念を取り除くようにアピールすることが大切です。

なお、アルバイト・パートの経験が応募先企業にマッチしていて、それが「売り」になる場合は、その点をきちんとアピールします。
たとえば、アパレルを扱う店舗でアルバイトとして勤務していた場合は、その接客ノウハウやコミュニケーション力といった対人折衝能力は、どの職種でも通用するビジネススキルといえます。同じ販売職に応募する際にはとくに、強いアピールポイントとなるでしょう。

フリーターといっても、実際には正社員と変わりない仕事をしているケースも多々あります。そのような場合は単に職務経歴を記すのではなく、必ず「自己PR」の項目で「真摯に業務に取り組んできた」「正社員と同様にノルマがあった」「社員やお客様から評価されてきた」などをアピールするとよいでしょう。

逆に、応募先企業へのアピールにならないような場合は、アルバイト経験については軽く触れる程度にしておき、短期間だったとしても、応募先企業にマッチした経験の方をアピールします。

すべてのアルバイト経験を書く必要はない

フリーターで、さまざまなアルバイトの経験があったとしても、そのすべてを書く必要はありません。アルバイト期間の長いものを優先して、3か月未満などの短い期間のバイトは省略しましょう。

 

フリーターだった人(アルバイトのみ)の自己PR

アルバイト経験しかないフリーターであったとしても、どのような仕事に、どのように真摯に取り組み、どのような成果を残したかについて具体的に書くようにします。さまざまな会社、スタッフ、お客様と関わってきた経験を買って採用してくれる会社もきっとあるはずです。ポジティブな姿勢で、自信をもってアピールするようにしましょう。

自己PRで丁寧に説明する

なぜ自分がフリーターから正社員になりたいと思ったのか、なぜ今までフリーターをしてきたのか、という点を自己PRで丁寧に説明してください。

自己PR例1:
現在のアルバイトでは、正社員と同様の業務を行っており、店長に「接客の効率がアップし、業務がスムーズになって助かる」などのお褒めの言葉を頂き、やりがいを感じております。しかし、アルバイトと正社員では責任の大きさが違うのではないかという思いが生まれ、今後は正社員として貢献したいと考え、今回応募させていただきました。

自己PR例2:
大学在学中から弁護士を目指し、卒業後も司法試験にチャレンジしてきました。司法試験にチャレンジしている期間はコンビニやビデオショップで在庫管理を担当し、積極的にマニュアルの改善を提案し、売上集計のシステム化なども行いました。
司法試験に3回チャレンジし、結果的にこの夢は軌道修正をすることになりましたが、難関にチャレンジしたという経験については後悔しておりません。
またコンビニやビデオショップで在庫管理を担当した経験、店頭で接客した経験を生かし、今後は正社員として貢献したいと考えています。


以上、アルバイト、フリーター経験しかない人の職務経歴書についてご紹介しました。
ココカラ。転職では、経験豊富なキャリアアドバイザーが、豊富な求人情報から、ご要望に沿った仕事を紹介しています。ぜひお気軽にお問合せください。