お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

石川・富山・福井ではたらくなら、ココカラはじめよう!

お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

転職 面接 時間|転職ノウハウ

転職活動において、合否を左右する大きなポイントの一つが「志望動機」です。 採用担当者のなかには「志望動機をきちんと答えられない応募者は、採用しない」と言い切る人もいます。 志望動機をきちんと答えられないのは、会社のことや応募職種について、ほとんど理解せずに面接に臨んでいる、つまり事前の情報収集が不十分で企業研究が足りなかったことが原因である場合が多いからです。 応募者の志望動機を聞けば、きちんと事前に企業研究をして面接に臨んでいるのかどうか、面接担当者にはすぐに分かってしまいます。きちんと回答できなければ、面接担当者に「真剣に転職を考えているのか」「志望動機が曖昧なのは、給与や福利厚生などの条件面だけ見て応募してきているのではないか」と疑われてしまっても仕方ありません。 面接担当者が志望動機を聞きたいのは、応募者が「何がしたいのか」「何ができるのか」ということ。ですからこの観点から企業研究をしっかり行ったうえで、オリジナルの回答を準備しておきましょう。 ここでは、志望動機を聞かれたら何を答えるべきか、逆に言ってはいけないワードは何かなどについてご紹介します。

中途採用と新卒採用の違い

中途採用と新卒採用の違い

中途採用の場合も、新卒の就職活動のときと同様に、書類審査が行われたあと、面接が行われます。しかし中途採用における面接担当者の視点は、新卒採用の際と大きく違うことに注意しま... 続きを読む

  • タグ

転職回数が多い人の転職活動

転職回数が多い人の転職活動

転職回数が多いと、採用担当者は「職場への適応力に欠けるのではないか」「人間関係に問題があるのではないか」と憶測する可能性があります。 ですから、転職回数の多さを履歴書・職... 続きを読む

  • タグ