お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

石川・富山・福井ではたらくなら、ココカラはじめよう!

お電話でお問い合わせの際は、
「転職相談希望」とお伝えください。

0120-554-361

電話相談受付:10:00~19:00

転職ノウハウ

石川県、福井県、富山県の転職を成功に導くための転職ノウハウをお届けします。
北陸の転職事情などはもちろん、転職活動をする際に、まず何をすればいいのか、
転職活動はどのくらいの期間がかかるのか、注意すべき点は何かなど、転職のノウハウをご紹介します。
北陸の転職は、「ココカラ。転職」にお任せ下さい!

異職種(未経験分野)へ転職する場合の職務経歴書

更新日:2019年09月12日

異職種へ転職する場合の職務経歴書

転職活動を経て、中途採用される場合は、やはり同業種、同職種の実務経験が最も大きなアピールポイントとなります。たとえば事務職への転職なら、これまでの事務職の実務経験が最大の売りになるでしょう。
しかし、異職種へ転職する場合でも、「なぜその職種に応募するのか」を採用担当者に具体的に伝えることで、採用されるケースも多々あります。
ここでは、異職種(未経験分野)へ転職する場合の、職務経歴書の書き方のポイントについてご紹介します。

異職種(未経験)への転職活動の注意点

異職種に転職する際に、採用側が一番知りたいのが「なぜこの人はわざわざ未経験分野に転職しようとするのか」という点です。

採用担当者にもっとも嫌われるのが、「前の仕事がどうしても自分に合わなかったため、異職種へ転職したいと思うようになった」「前の仕事にやりがいを感じられなかった」というマイナスな理由です。基本的に「嫌なことから逃げ出したい」という姿勢は転職活動には禁物だからです。
たとえ、それが本当の理由でも「自分により適した職種で働きたい」という姿勢をアピールしましょう。

また、「以前新卒でこの職種を志したが、その際は果たせなかったために、他職種に就職したが、どうしてもその職種で働きたいという気持ちが抑えられなかったため、転職を決意した」という理由づけも、「適性がないのでは」と見なされてしまう可能性が高いので注意が必要です。

もっとも無理がなく無難なのは、「他職種で働いていたけれど、今回応募する職種に自分が適しているのではと感じ、転職を考えるようになった」というタイプでしょう。

また、その場合には、なぜ今までのキャリアを投げ打ってでも未知の領域でチャレンジしたいのかという理由説明、そのためには給与等の労働条件が下がっても構わないという強い覚悟、応募先の企業でやっていきたいという熱い志望動機を織り交ぜて、自己PR欄でアピールしましょう。

異職種への転職はリスクが高いか

異職種へ転職する場合、職務経歴書に記された職歴が売りにならない場合もありますので、そういう意味では異職種への転職は、確かにリスクがあるといえるでしょう。
しかし、たとえ応募する職種に直結する経験がない場合でも、「これまでの実務経験」のなかで、自主的、積極的に新しいことに取り組んでいく姿勢、柔軟な知識、業務を吸収していく姿勢を最大限アピールすることで、異職種への転職を成功させた人は大勢います。
諦めずにチャレンジして、夢を叶えましょう!

異職種(未経験)へ転職する際のポイント

これまでどのように仕事に取り組んできたのかという積極的な仕事への姿勢は、業種・職種に関わらずアピールポイントになりますが、他にも異職種への転職だからこそ押さえておきたいポイントがあります。

異職種の採用担当者への配慮

異職種の仕事内容は、その職種特有の専門的な用語がある場合もあり、他の職種の人にはなかなか理解しにくいものです。ですから、その点に注意しないで長々と詳細に今までのキャリアを書いたとしても、応募先企業の応募した職種との接点がないので、伝わらない可能性もあります。
職務経歴書を作成する際は、採用担当者が具体的にイメージできるように、業務内容を丁寧に説明するよう配慮しましょう。

実績をアピールする際も、その実績がどれくらいのレベルなのか、異職種の人には分かりにくいものです。
「2017年は、○○の申し込み獲得数20件達成(いずれも本店指定の目標を上回る実績)」など、数値を盛り込みながら説明を入れましょう。

謙遜し過ぎない

「経験はありませんが、いちから勉強させていただきたいと思っています」「未経験ではありますが」などの謙遜した書き方は、かえってマイナスのイメージになることがありますので、注意しましょう。
「遅いスタートではありますが、地道に努力し積極的に業務に取り組む姿勢は誰にも負けないつもりです」と決意を述べる方が、プラスイメージを持ってもらうことができます。
また、学生時代のアルバイトであったとしても、応募する職種に関連した経験があれば、それも記載するようにします。

異職種(未経験)へ転職する際は資格取得を

異職種(未経験)へ転職する際は、明らかに適性があると考えてもらえるような特技、資格が強いアピールになります。
ですから異職種(未経験)への転職を目指す場合には、実際に応募する前に、その職種で役に立ちそうな技術や資格を身につけておくと履歴書を書く上で有利になります。
たとえば、今まで事務職だったが、ファッション・ブライダル関連の企業への転職を希望する場合、帽子や手袋、ポシェット、コサージュなど、おしゃれを演出するファッショングッズをデザインする「グッズデザイナー」の資格や、商品構成を考えたり、お客様に着こなしのアドバイスをするファッションコーディネーターの資格を取得しておくと、基本的な素養があるという印象を与えることができます。

異職種(未経験)へ転職する際の自己PR例

仕事に対する強い責任感

マーケティングリサーチ会社に従事したことをきっかけに、リサーチの側面から企業を支える仕事につきたいと考えるようになりました。
どんなに厳しい状況下であっても、期限以内に成果が出せるよう粘り強く取り組み、お客様のニーズを的確にくみ取り、それに応えてまいりました。
このようなプロ意識を貴社営業職でも活かしていきたいと考えています。

前向きな性格
私は明るく前向きな性格で、どのような状況でも気持ちを切り替え前向きに業務に取り組むことができます。また自分なりにストレスをコントロールすることができますので、どのようなストレスでも業務に影響することはありません。


以上、異職種(未経験)へ転職する際の、職務経歴書の書き方の注意点についてご紹介しました。

ココカラ。転職の経験豊富なキャリアアドバイザーのサポートのもと、石川県、福井県、富山県で、異業種・異職種へ転職を成功させた方が大勢いらっしゃいます。
難しいと思われている異業種・異職種(未経験)への転職も、自信をもって挑戦していただけるように、しっかりとサポートいたします。

関連コンテンツ

押さえておきたい転職の基礎知識 【石川・富山・福井(北陸)】

転職を成功させるための転職ノウハウ 【石川・富山・福井(北陸)】